お風呂の窓の冷気対策!寒いお風呂を簡単DIYで快適にしよう

生活

冬のお風呂、寒かったら嫌ですよね。ヒートショックなんて言葉もよく聞きます。浴室暖房あるけど、つけたままシャワーしても暖房の風でなんだか寒いですし。

なんとかしたい!

なんでお風呂が寒いのか。我が家のお風呂の場合、この窓が原因でした!

風呂の窓

窓を閉めてもひんやり冷気がきます。

そこで、この窓の断熱をしてしまおうというわけです!

女の私でも、簡単に出来たので、参考にしてもらえると思います。

対策後は、お風呂の体感温度がグッと上がりました。

フォーム取り付けたところ

こんな感じに仕上がります。

お風呂の冷気対策

準備するもの

・カネライトフォームかスタイロフォーム・・・窓の大きさを測ってから購入して下さい。厚さは3mm前後がおすすめです。厚すぎるとカットするのが大変だと思います。私は2.5mmを使いました。

・カッター(頑張ればハサミでも出来ます)

・穴を開けるもの(菜箸で開けました)

・ひも(家にあったナイロンひも)

・テープ(ガムテープでもつきました)

↓サイズや厚さが違いますが、ネットで検索出来るページを貼っておきます。

手順

①窓より1mmほど小さめにフォームをカットする。・・・カッターで表面を切って、折るように力を加えると、綺麗にパキンと割れます。

②窓にはまるか試す

③微調整が必要ならする。

④取手の紐をつけるために、穴を2カ所開ける

⑤紐を通して結び、テープで固定する。

毎日のお手入れ

防水ではありますが、防かびでは無いと思います。

お風呂の換気も必要ですし、毎日窓から取り外して、お風呂の換気とカネライトフォームを乾かすようにしてください。

お風呂に入るときに、窓にはめるようにしていますよ〜。

カネライトフォームとスタイロフォームって?

カネライトとスタイロの違い

カネライトフォームはカネカケンテック株式会社、スタイロフォームはデュポン•スタイロ株式会社のものです。

会社のホームページを見て、商品を比較してみましたが、違いはあんまり分かりませんでした!笑

お近くのホームセンターにどちらが置いてあるでしょうか。

ピンク色はカネライトフォームで、青色はスタイロフォームです。

私の近くのホームセンターは、カネライトフォームがありました。

ちなみに、サイズは910mm×1820mm×厚25mmで、軽自動車にギリギリでしたが乗りましたよ。

発泡スチロールとは違う?

主原料は同じみたいですが、

  • 発泡スチロールは小さい粒を集めた物
  • フォーム系は大きい原料を発泡させた物

と理解してます。

断熱効果や丈夫さは、フォーム系が優れていますよ〜。

また、使ってみた感想として

  • カネライトフォームは、カットした時にポロポロ崩れることも少なかった→ゴミが少なくて助かった

ポロポロ出ないのも、発泡スチロールと違うところですよね。

余ったカネライトフォームの使い道

購入したカネライトフォーム、サイズが大きい目なので、窓サイズに切り取った後は余りました。

残り捨てるの勿体無いので、我が家ではこのように使いました。

  • お風呂マット
  • リビングの窓の下の方に立てかけておく
  • 他の方たちは、ファブリックパネル

お風呂マット

我が家には0歳児がいるので、お風呂マット買おうと思ってたのですが、カネライトフォームで代用できてます!

なんといってもノンホルムアルデヒドですから、安心♪

使ってみた感想は、

  • お風呂の床に直に座るよりも、冷たさがかなり軽減する
  • 端がボロボロにならない
  • 軽いから立てかけやすい
  • クッション性があるから安心

こういったメリットがありました。

まぁ、見栄えは良くないですけど、家族以外は見ないし、気にしません。

カビ予防と清潔に使うために、毎日立てかけて、乾かしてくださいね。

リビングの窓の下の方に立てかけておく

残りはちょうどリビングの窓の幅はありました。

なんの加工もせず、窓に立てかけてます。

これは室温に影響してるかは不明ですが、気休めです!笑

ファブリックパネル

私はしてないですが、ファブリックパネルにしてる方もおられました。

好きな大きさにカットして、好きな柄の布をピタッと貼り付けるだけ。

おしゃれに出来そうですね♪

まとめ

お風呂の窓の冷気対策に、カネライトフォームを使いました!

簡単に加工できますし、お風呂の体感温度は上がりましたので、参考にしてください。

余ったカネライトフォームは、お風呂マットにしたり、リビングの窓に立てかけてます。

ここまで読んでいただいてありがとうございました。参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました