一人で!4か月児のお風呂の方法

出産・育児

生後4か月の赤ちゃん、寝返りをし始めてますます目が離せなくなってきました。ママやパパがいなくなると泣いちゃうときもあって、可愛いけど離れられないってときもありますね。

けれど毎日行うべき儀式・・・それが‘’赤ちゃんのお風呂‘’

我が家では、夫がいる時はリビングで赤ちゃんを見てもらっておけるのですが、夫が不在の時もあります。

我が家の、一人で生後4か月赤ちゃんをお風呂に入れる方法を紹介します。

大まかな流れは、

ママが先に入る(赤ちゃんは脱衣所で待機)
→赤ちゃんと一緒に入る
→リビングでスキンケア&服を着せる

という方法です。

脱衣所

赤ちゃんの安全確保のため、地べたに寝かせておく!
背の高い乗り物には載せない!

とにかく寝返りをするので、赤ちゃんの安全確保が必須です。

大きめバスタオルを2重にして、その上に防水シート、その上に赤ちゃんを拭くバスタオルをセット。そこに待機させています。

脱衣所

寝返りができるまではハイローチェア(KATOJI)に乗せて待機させてました。

夏の暑い時期は、扇風機を使ってこもらないように。コンパクトサイズの扇風機を買いました。

寒い時期は、ファンヒーターを使用する予定です。

また、お風呂マットは布だとべしょべしょになるので、珪藻土マットを使用しています。
よく水分を吸ってくれるので、脱衣所がべしょべしょにならずにいい感じですよ。

このMOZの珪藻土マットは多少の段差ならば割れずに2年くらいは使用できています(今も現役です)。

ママ(orパパ)が先に入る

扉を開けて、脱衣所の赤ちゃんの様子を見ながらシャワーする!

赤ちゃんに脱衣所で待機してもらって、ママが先に入ります。

その時、ママの姿が見えなくなると泣いてしまう&赤ちゃんの様子を見ながらお風呂に入りたいので、お風呂の扉は開けて入ってます

水がパシャパシャ外にかかってしまうのを予防するために、浴槽のフタを写真のように置いてます。

こうすると、ほとんど外に水はかかりません

赤ちゃんの様子をみながらシャワーできるので、良い感じです。

そして、私はすぐ顔が乾燥してしまうので、自分の洗顔が終わったら、こちらを使用しています。

すると、赤ちゃんのシャワーやスキンケアが終わっても潤ったまま維持してくれています。ひと段落ついてから、しっかり別のスキンケアをするもよしです。

赤ちゃんと一緒に入る

ママのシャワーが終わったら、赤ちゃんを洗います。

リビングでスキンケア&服を着る

我が家の脱衣所は狭いので、広々したリビングでスキンケアをしています。

ママが服を着るタイミングは、赤ちゃんのスキンケアの前でも後でもいいと思っています。
・赤ちゃんのことを先にする場合は、ママはバスタオルを巻いてます。
・ママが先に服を着る場合は、バスタオルを赤ちゃんに掛けて、寒くないようにしています。

まとめ

以上が、我が家の1人で赤ちゃんをお風呂に入れる方法でした。

赤ちゃんの安全確保と、赤ちゃんがさみしく感じないようお風呂の扉を開けておくことがポイントですね♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました